バイクのハンドルカバーに合うグローブは?

バイク乗りが手首の防寒を考えてみました

こんにちは、不識庵です。

もうすぐお正月です。一年なんてあっという間ですね。

さて、バイク通勤もつらくなってきた今日この頃、少しでも快適にするためには防寒が重要です。

10月以来、バイクにはハンドルカバーを付けていますが、何で早く付けなかったと思うくらい快適です。

操作の不安も、慣れてしまえば問題ありませんでした。見た目がおじさんくさいと言う人もいますが、別に気にはなりませんね。

ハンドルカバーに合うグローブは?

今回は、ハンドルカバーと併用するグローブについてです。

10月中は素手でも蒸れるくらいでしたが、11月に入るとさすがに素手ではきつくなり、薄手のインナーグローブを付けるようになりました。

しかし、気温が一桁台になると、インナーグローブでもきつくなりました。

グローブは季節ごとに何種類か持っていますが、秋冬用のものはみな厚手のレイン用ばかりです。写真はゴールドウインのゴアッテクスのグローブです。

これではハンドルカバーに手を入れることが難しいですし、危険です。

そこで手元にあったこれを使ってみようと思いました。

Eleovos製のサイクルグローブです。 自転車用に購入したものです。私の手の平まわりは20㎝なので、S(18~20cm)にしました。ちなみにM(21~23cm)、L(22〜24cm)となっています。

ちょっときついかなと思いますが、手にぴったりフィットしますので操作性は良いと思います。自転車で使用した時、寒い時期では、防寒用としてはちょっと厳しいかなと思いました。なお、はめたままスマートフォンが操作できます。

スポンサーリンク


素材は分かりません。「ウェットスーツのような材質」としか公表されていません。ネオプレーンのような感じです。しかし防水性はあまり期待できないようですね。

手のひら側の裏生地は起毛になっています。また手のひらには滑り止めの加工があります。

あまり出番のなかったこのグローブを使ってみました。

まず、ハンドルカバーへの出し入れは問題ありません。スムーズではありませんが、グローブがずれることもなく出し入れができます。

防寒については、12月中旬の東京では問題ありません。少なくとも私は寒くありません。暖冬のためかもしれませんが。

ハンドルカバー内での操作も、滑り止めの効果もあってか、問題なくできます。

多少の雨は大丈夫です。雨の時は、手をハンドルカバーからなるべく出さないようにしています。ハンドルカバー自体、多少の雨でしたら中まで染み込むこともありませんし、ナックルガードも付けているので今のところは問題ありません。

スポンサーリンク

しかしながら、手首が寒いんです。

このグローブは短いので、とくにスロットルをまわす右手で、上着の袖口とグローブの間に隙間ができて、肌に直接風が当たってしまい、寒いんです。

袖口をカバーするほど長いグローブで、かつ薄手のものは見つけられませんでした。

ハンドルカバーの袖口が長いタイプへ変更することも考えましたが、付けたばかりで買い換えもどうかと思いました。

【コミネ ハンドルカバー ネオプレンハンドルウォーマー ロング】

そこでリストウォーマーなる製品にたどりつきました。文字通り手首を温めるものです。私が手に入れたのはこれです。


【フリーノット グローブ レイヤーテック リストウォーマー】

これにたどりつくまでには結構時間がかかりました。

この手のバイク用製品で知られているのは、KEMEKOのリストゲーターのようです。

肘下まで覆う長さがあり、これだけあれば手首は完全に隠れるなと思いました。ただ、値段が高いのと、服の袖の上に装着するというのは面倒くさいので辞めました。

次に目を付けたのはこれです。

【ラフアンドロード バイク用アームカバー ウインドストッパー リストウォーマー極寒】

これも良いんですが、親指にかける部分がゴムで、すぐにへたれるんじゃないかという心配から、これも辞めました。

そこで、フリーノットにたどりついたのです。フリーノットは、釣り具メーカーのハヤブサが釣り人のために開発したアパレルブランドです。

→ フリーノットへ(ハヤブサのHP)

これをはめるとこんな感じです。

さらにグローブをはめると。

フリーノットのウォーマーが手首を隠してくれます。最近これで走っていますが寒くないですね。また、長くないので乗る時にさっと付けることが出来るのも良いです。

サイズは、MとLがあります。グローブの下に付けるのでMにしました。最初はちょっときつかったのですが、少し伸びたようで、ちょうど良くなりました。ただグローブのチャックを締めるときついので、締めないでいます。ハンドルカバーへの出し入れは、これでも問題ありません。

バイク通勤の防寒対策(ネックウォーマー)

こんにちは、不識庵です。

寒いです。暖冬と言われながら、平年より寒い日がふっと来るとこたえますね。

バイクに乗っていると、5度くらい低いんじゃないでしょうか。

寒がりなので、これでもかと着込んで走っています。

バイクに限らず防寒の要は、「首」です。

首、手首、足首です。ここは血管が体表近くに通っていますので、外気温に左右されやすいのです。

ですからここを暖めれば、暖かくなった血液が循環して体温が上がりやすくなります。

今回は首まわりでの防寒対策です。

私が愛用しているのはこちら。RSタイチのヒートジェネレータープラス フェイスマスク(RSX141)です。広げるとこんな感じ。


裏はこうです。

巻いて使うタイプで、両端のベルクロで留めます。ヘルメットを被ったままでも着脱が可能です。


あごや鼻まで覆う場合は、巻いてからヘルメットを被ります。ヘルメットの内側に入れ込みますが、薄いのできつい感じはしません。

最初は薄くて大丈夫なのかと思いましたが、全く風を通しません。

表側と裏側の生地の間に防風素材がサンドイッチされています。素材は、ポリエステル、アクリレート系繊維、ポリウレタンです。

都心の冬ではこれだけで大丈夫です。もう6年くらい使っています。

スポンサーリンク

ところが最近気になることが出てきました

後ろの首筋が寒いんです。年のせいかな。

ヘルメットの形状に依るかもしれませんが、これとヘルメットの間(後ろ側)に隙間が出来ることがあります。巻き込んだ風がヘルメットの中まで入り込んでくることがありました。

隙間が出来るたびに、これをヘルメットの隙間に押し込むようにしていますが、すぐにずれてしまいます。フード付きや襟の高い上着でしたらカバー出来るのでしょうが、これだけでは対処出来なくなっています。

ですから、さらにマフラーを巻いています。すごく暖かくなりましたが、首がまわしずらいし、雨の日はどうしようか悩んでいます。

長年使ってきたので、へたってきたこともあるでしょうが、もう少し後ろ側を凸状のカーブのようにしてもらえると完璧だなと思います。

それからベルクロの取り付けについて、左端は縦に付けてもらいたいですね。

現状では両端とも横に2列なので、留める時に少しでもずれるとうまく留められません。ストレスを感じます。



私が使っているのはもうなくて、後継のものが出ています。

【RSタイチ 防風フェイスマスク RSX149】


色はグレー、レッド、ブラックの三色ですが、ロゴの所と縁が色違いになるだけです。

私が使っているRSX141との大きな違いは、呼吸用のベンチホールがあることです。

前述したように、ベルクロの取り付け方と、後ろ側の上端の形状を何とかして欲しいと思います。


スポンサーリンク


また、筒型のタイプもありますので、お好みで選べます。RSX149と材質・機能は変わりません。

【RSタイチ 防風ネックウォーマー RSX150】