バイク通勤の防寒対策(ネックウォーマー その2)

あけましておめでとうございます。不識庵です。

年も明けて、寒さが本格的になってきました。

バイク通勤の防寒は、首、手首、足首の防寒対策が大切であることは言うまでもありません。

首の防寒については、巻き付けるタイプのネックウォーマーを使っていました。

バイク通勤の防寒対策(ネックウォーマー)

しかし、後ろ側でヘルメットとの隙間ができやすく、寒かったのが難点でした。そこで、新しいネックウォーマーを手に入れました。これです。

おなじみのコミネ製品です。写真は横から見た感じです。

筒状のウォーマーに頭を覆うことのできるヘッドキャップが付いているのが特徴です。

筒状であれば、ユニクロのものでも良いと思いますが、どうしても後ろ側でヘルメットとの隙間ができやすいです。

その点、これはヘッドキャップがあるために隙間ができません。


スポンサーリンク


素材はフリースで、色はネイビー、ブラック、グレー、ワインレッドがあります。私が買ったのはブラックです。サイズはフリーサイズです。

後ろ側から見るとこんな感じです。

使ってみると、私の頭の大きさではヘッドキャップがきつすぎました。

私は頭が大きく、ヘルメットも一番大きいサイズを被っています。ですので、シート内部のメットインという恩恵に与れたことがありません(泣)。

下に掲げたアマゾンの写真のように使用できる人は、よほどスリムな人だと思います。頭部マネキンが小さいのでしょう。

しかし、ヘッドキャップをヘルメットの隙間に押し込むことによって、後ろ側の隙間が解消されて寒さを感じなくなりました。

また、フリースは二重になっているのでウォーマーとしての機能にも問題はありません。

安いし、暖かいし、これはおすすめです。

【コミネ マスク 防寒フリースマスク ブラック フリー 09-016】

ただ、筒状のネックウォーマーは被るときや脱ぐ時に、どうしても静電気が起きやすいので、その点を気にされる方は、巻き付けタイプの方が良いかもしれません。その場合は、前に私も使っていたタイチ製品がおすすめです。→バイク通勤の防寒対策(ネックウォーマー)