1/35 陸上自衛隊 10式戦車

10式戦車 1/35 タミヤ

最新鋭の戦車です。ここ数年は、完成品も無いままにあちらこちらに手を付けてしまい、未完成の山が増えていくばかりです。ですので箱絵をアップしておきます(笑)。

部屋の中も積みプラと本で一杯になり、ふとんを敷くスペースしか足の踏み場が無い有様です。最近は地震で崩れてこないかという恐怖のあまり何とか箱を減らさなければと思っています。その後、東日本大震災の時にはすべて崩れ、部屋の中が大変なことになりました。

この10式は、非常にリアルで大変よく出来ています。

が、生意気にもDEFモデルのエッチングを使用してみました。また主要な手すりは真鍮線で作り替え、前照灯はアドラーズネストのものを付けました。

【アドラーズネスト 陸上自衛隊10式戦車 前照灯用レンズ】
※面構えが引き締まります。値段もお手頃で、簡単にできますよ。ぜひおすすめ

その他にも可動履帯などがあります。お好みでどうぞ

【ラウペンモデル 連結可動式キャタピラ生産第2ロット C2 ゴムパッドつき】
※ラウペンモデルには、C1仕様(ゴム無し)もありますが、すでに全車がほぼC2仕様に換えられているとのことですから、あえて買うこともないでしょう。

【ラウペンモデル 連結可動式キャタピラ生産第2ロット C2 】

【アドラーズネスト 1/35 陸上自衛隊 10式戦車用アンテナSet】
※ぐっと格好よくなるけれど、仕舞うのが大変!?


【アドラーズネスト 1/35陸上自衛隊10式戦車用フック 100個入】

※まさに苦行!

【テトラモデルワークス 1/35 陸自・10式戦車用 サイドスカートセット】
※何とゴムで出来てる!

さて、塗装はタミヤの缶スプレーです。下地にはクレオスのオキサイドプライマーを吹きつけ、濃緑色を吹きました。クレオスのスプレーはすごい臭かった。二度と使う気がありません。他のオキサイド色サーフェイサーも臭いのかなぁ。

ブル・タックを使って戦車の迷彩塗装に挑戦!


スポンサーリンク


自衛隊車輌の迷彩の輪郭ははっきりしているようなしていないような感じに見て取れましたので、境目にブル・タックを細く伸ばしたものをはわせ、ブル・タックの間(つまり隠したい所)をテープで覆って、マスキングを行ってみました。

なお、自衛隊色はタミヤのスプレーを用いました。10式は比較的のっぺりしているのでスプレーでも十分にいけると思います。簡単ですし。

筆塗りやエアスプレーの方はこちら。ラッカーとアクリルのビンです。

ブル・タックは、ポスターやチラシなどを壁に貼りたい時に使う粘着ゴムで、壁に釘や画鋲を打てない場合や、ポスターを傷つけたくない場合に便利なグッズです。また仮止めなどの一時固定にも便利ですし、いろいろな用途が考えられます。

茶色を吹いたところです。ブル・タックが濃緑色の塗装面に影響しないか心配ですが、今のところわかりません。
スポンサーリンク

ブル・タックのマスキングをはがしてみました。

いかがでしょうか。何となくボケているようなそうでないような微妙な境目が表現できたように思います。なお、ブル・タックは1週間ほど付けていましたが、塗装面への影響はありませんでした。はがす時もカスがくっつくこともありませんでした。

結論。ブル・タックは迷彩塗装に使える!

【長光 Bostik 粘着ラバー ブル・タック 45g】


【タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.329 陸上自衛隊 10式戦車】

6年前に買ったのに、いまだに完成しておりません。

そうこうしているうちに1/48から10式が出てしまいました。しかも最新型のC4仕様です。ウインカーライトまわりやマッドガード、履帯、車体など、1/35とは違っています。近年の1/48は一時期ソフトスキンに走った感がありましたが、最近はM1など戦車に回帰してきたようです(何だよ1/48でも良かったよ)。

【タミヤ 1/48 ミリタリーミニチュアシリーズ No.88 陸上自衛隊 10式戦車】