栗原修著『戦国期上杉・武田氏の上野支配』目次

序 章 戦国期東国の権力について

第1編 上杉氏の関東進出とその拠点
第1章 関東管領山内上杉氏の復活
付論 上杉氏越山と上野沼田氏
第2章 上杉氏の隣国経略と河田長親
第3章 厩橋城代北条氏の族縁関係
第4章 上杉氏の沼田城支配と在城衆

第2編 上杉氏支配の展開と部将の自立化
第1章 上杉氏の勢多地域支配
第2章 厩橋北条氏の存在形態
付論 厩橋北条氏の家督交替
付論 北条高広と佐竹氏・後北条氏
第3章 沼田城代河田重親と御館の乱

第3編 武田氏の上野進出と支配の展開
第1章 武田氏の吾妻地域経略と真田氏
第2章 武田氏の箕輪領支配
第3章 武田氏の上野支配と真田昌幸
付論 武田氏の沼田地域経略と小川可遊斎

終 章 戦国期権力の地域支配