BERING/ベーリング

腕時計を替えました
ダニエルウエリントンからベーリングへ

2年前から、ダニエルウエリントンの腕時計をつけていましたが、この度BERING/ベーリングへ買い換えました。

買い換えのきっかけはリューズ紛失

というのも、それまで正確に動いていたダニエルウエリントンですが、少し進んでいたので、針を動かそうと思ったんですね。そうしたら、リューズが無くなっている。巻き芯の先端だけが出ていることにその時気づいたのです。

リューズはそれまで気にせずにいたので、全然気がつきませんでした。私は、結構腕時計をぶつけてしまうので、何かの拍子に飛んでしまったのかもしれません。その際に針が進んでしまったのかも。

リューズが無いままに数日は着用していたのですが、巻き芯の穴から湿気やほこりが中に入ると駄目になってしまうらしいので、修理を考えました。

ところが、オーバーホールなども合わせて修理代金が五千円台になりそうということが分かりました。ダニエルウエリントンは二万円台の価格なので、四分の一の額を修理に払うのはどうかなと思い、新しい腕時計に買い換えることにしたのです。

スポンサーリンク

BERING/ベーリングを見つけた

ダニエルウエリントンと同価格帯で、シンプルなものを探しているうちに、BERING/ベーリングにたどりつきました。BERING/ベーリングは、その名の由来がベーリング海であるように、北欧のメーカーです。ちなみにダニエルウエリントンも北欧のメーカーです。

最初は、スカーゲンもいいなと思いました。これも北欧のメーカーです。

【HAGEN マザーオブパール ブラックスチールメッシュウォッチ SKW6472】

格好良いです。天然のマザーオブパールの使用により文字盤がきらめくんですね。でも、値段が3万円を超えるのと、40㎜サイズなので、候補から外しました。

そしてBERING/ベーリングです。

【BERING Ladies Changes Polar Night 36mm 14236-122 日本限定】
税込み26,400円

商品名にレディースとありますが、一方商品説明には「ユニセックスな36㎜のボーイズサイズ」とあり、メンズサイズとレディースサイズの中間という位置づけみたいですね。40㎜ですと、私には大きく思えますので、ダニエルウエリントンと同じ36㎜サイズとしました。大体、北欧の人と日本人では体格が違いますからね。

さて、公式オンラインショップのNORDIC FEELING(ノルディックフィーリング)で注文しました。

届きました。意外に早く着きました。

箱を開けると、説明書があり、時計が入った白い箱の上にエアキャップが被さっているような状態でした。もう少し丁寧に詰めないのかなと、不安になります。一応精密機械を輸送するわけですから。

不安になりつつ、白い箱を開けてみます。

おお、綺麗!!

まだ、ガラス面に保護フィルムが貼ってある状態です。

中には、替えストラップが入っています。装着済みのストラップはステンレススチールで、替えはラバーです。お好みに合わせて簡単に付け替えられます。

スポンサーリンク

さて腕にはめてみると、こんな感じです。

商品説明を引用すると、

オーロラが輝く幻想的な「極夜」をイメージ
北極圏では冬の時期に、太陽が昇らず日中も薄明りですぐに暗くなる「極夜」という現象が起きます。夏に起こる「白夜」と逆のこの現象は、薄明りで青白い景色が広がり、オーロラが最も美しく見える時期とも言われています。
コンセプトモデル「Polar Night/ポ-ラ-ナイト」
幻想的な「極夜」をイメージしたコンセプトモデルは、全体をブラックで統一し、インナーサークルに輝く幻想的なMOPの仕上げが、美しく輝くオーロラのように漆黒のデザインに唯一のアクセントとして映えます。

引用終わり。

ベースモデルは人気の“Changesシリーズ”で、様々な色違いが発売されています。この中で、極夜をコンセプトとする「Polar Night」とこの「Changes」が合わさったスタイルは日本限定として発売されました。すでに40㎜サイズは完売していますので、36㎜でも良いから欲しいという方はお早めに。

インナーサークルは、右側が日附、左側が曜日となっています。ここに使用されているマザーオブパールが漆黒の文字盤のなかできらめくので、大変綺麗です。老眼には日附も曜日も見づらいですが、綺麗なのでそれで良しとしましょう。キラキラするので、腕を動かして楽しんでいます。

ダニエルウエリントンと比べると少し厚みがあります。文字盤も奥行きがある感じです。

ダニエルウエリントンとの比較。同じ36㎜サイズです。そのうちダニエルウエリントンもリューズを直して復活させたいと思っています。


北欧の腕時計は、いずれもシンプルかつ機能的なデザインで、非常に好感が持てます。しかもブランドも多いので、気に入るものがきっと見つかると思います。しかもお手頃な価格で。

スポンサーリンク

みかんの皮むきグッズ ムッキーちゃん

こんにちは不識庵です。

今日は、便利なグッズをご紹介したいと思います。

この時期、柑橘類では皮の厚い伊予柑やデコポンなどが旬を迎えます。

みずみずしくておいいしいのですが、皮をむくのが面倒くさい。だから、家族の誰かが皮をむくまで待って、皮をむいた途端にみんなが群がります。

風邪を引きやすい時期ですから、手軽にビタミン補給ができる柑橘類は積極的に食べた方が良いと思います。そこで「ムッキーちゃん」の登場です。要は柑橘類の皮をむくための道具です。


プラスチック製の小さなものです。値段もお手頃で、安心の日本製です。

白い部分と黄色い部分とに分かれます。それぞれ使い方が違います。

スポンサーリンク


まず白い部分で、皮に切れ込みを入れます。下の写真はすでに使用した後で、柑橘類の汁が付いています。

先端には尖った部分があり、これを柑橘類のお尻に刺して、下にスライドさせて切れ込みを入れていきます。この時、添えた手でしっかりと柑橘類を押さえてくださいね。勢い余って手を切らないように。

皮の厚いものでも簡単にむけてしまいます。ちなみにむいたのは80代後半の母です。

次に房の袋に切れ目を入れます。使うのは黄色の部分です。こちらには刃が付いています。取り扱い注意です。

刃の付いている方を手前にしてテーブルの上に置きます。

房をこのように置きます。

軽く手前にスライドさせます。力を入れる必要はなく、軽くスーと、確実に刃に当てて切れ込みを入れます。

はい、きれいに切れ込みが入りました。手で袋を破くと、汁が飛び散ってしまい、せっかくのジューシーさを味わえないですが、これなら問題はありません。

あとは食べるだけです。

「ムッキーちゃん」のおかげで、皮の厚い柑橘類を食べることに何のためらいもなくなりました(笑)。

これで免疫力アップにつながれば最高です。

スポンサーリンク

最小の水筒ポケトル

薬を飲むためにポケトルを買いました

こんにちは不識庵です。梅雨空が続き、野菜が高くて困る今日この頃です。

さて、私には持病があります。なので薬をいつも持ち歩いています。薬を飲むには水が必要です。そこで今回水筒を買いました。POKETLE(ポケトル)です。

箱にあるように120㎖入りと小さい。栄養ドリンク1本分くらいでしょうか。保温と保冷もできるので、機能は一般的な水筒と変わりはありません。ただただ小さいだけです。大きさは縦143㎜です。さっと取り出して薬を飲むには十分です。しかも満水状態でも軽い。軽すぎる。ポケットに入れても気になりません。
スポンサーリンク

構造はシンプル。蓋にパッキンが付いており、漏れ対策は万全です。飲み口も安全です。しかし小さいために本体を洗うのにはそれなりのスポンジが必要でしょう。

色は、シルバーを選びました。他には、ホワイト、ブラック、ピンク、カーキ、ネイビーがあります。

【POKETLE ポケトル ボトル  120mL】

また専用のボトルカバーもあります。色もオレンジ、ブラック、ライトブルー、ピンク、ネイビー、グレーとカラフルです。私はオレンジを選びました。

ぴったりと合います。最初に入れる時はきついくらいでした。カバーに入れたまま蓋を回しても、今のところカバーがずれることはありません。

モチッとした感触で持ちやすく、かつ厚みもありますから水筒が傷むこともないと思います。また、ストラップを留めることで飛び出しも防ぐことができるため、バイクの前かごに入れておいても大丈夫そうです。

【 POKETLE 専用カバー】

最近、カラビナ付きのカバーが発売されたことに気づきました。こちらも良いですね。というか、こっちが良かった。

【POKETLE 専用カバー カラビナ付】

水筒の使い分け

今までも水筒が無かった訳ではありません。常に持ち歩いてるのはサーモスの水筒で、750㎖入りの大きな水筒です。ポケトルと比べるとその巨大さが分かります。

私は、汗かきなために夏場は飲み干してしまうこともしばしばあります。これだけの容量が必要なのです。カバンが重くなりますが、バイク通勤なのであまり気になりません。熱中症対策はばっちりです。

でも、薬を飲む時にはこれでは手軽に飲めないのです。そこで、いつでもどこでもさっと取り出して飲めるようにと小型の水筒も持つことにしたわけです。もし小型水筒の方を飲み干しても、サーモスから継ぎ足せば良いわけですから。
スポンサーリンク

まず、なじみのあるサーモスで探すと、350㎖入りが最小でした。薬を飲むためとしては容量が多すぎます。

【サーモス 水筒 真空断熱ケータイマグ 【ワンタッチオープンタイプ】 350ml パステルパープル JNL-353 PPL】

次に探すとタイガーに200㎖入りの水筒がありました。蓋の形状に2種類あり、ロックボタン付きの蓋と、単純に蓋を回し締めするものがあります。

【タイガー魔法瓶(TIGER) マグボトル サフランブルー 200ml サハラ MMX-A021-AS】

【タイガー 水筒 350ml サハラ マグ ステンレスボトル 軽量 アイスホワイト MMZ-A351WS】

ロックボタン付きのものを候補の一つとしました。しかしながら、結果はポケトルの採用となりました。

やはり容量ですね。

サーモス750㎖入り水筒を持ち歩いている私にとっては、200㎖入りは中途半端に感じました。薬を飲むにはこれでも容量が多すぎて水を残してしまいそうだからです。

ただ、母親のためにロックボタン付きのものを購入しました。色はデイジーピンク。色は、他にインディゴブルー、サフランブルーの二色があり、いずれもおしゃれな色味です。

高齢の母親は通院していて、病院での待ち時間が時には2時間を超えることもあるので、脱水を避けるために持たせようと思ったからです。200㎖入りが本体重量120gなので、満水でもお茶の350㎖入りペットボトルより軽く、またかさばらなくて良いと思ったからです。

使ってみると、母親は最初はボタンの独特な機構にとまどっていました。下の写真に見えるように、ボタンを下げて押す動作が必要なのです。

押すというのがくせ者で、ボタン全体を押すのでは無く、ボタンの上の出っ張りを押し込んで倒すようにしないと開かないのです。しかも80代後半の高齢者にはボタンが固いようですね。結構力を込めていました。

高齢者も片手で簡単に開けられ、かつ漏れの無いような蓋ができないでしょうか。

飲み口はこんな感じです。母親は、蓋を閉めるときも結構力を込めていますね。漏れ対策のロックのためにきつめになっているのでしょうか。

蓋にはパッキンのゴムが二つ付いています。ゴムを外して洗います。洗う時に面倒だという方は、回し締めの蓋を選んでいるようで、アマゾンでもかなり売れているようです。
スポンサーリンク

今回入手したポケトルと並べると、サイズがそんなに違わないんですね。意外でした。並べてみてから、正直タイガーでも良かったかなと思いました。

120㎖入りでは少ないと思う方には、タイガーの200㎖入り水筒は有力な選択肢の一つとなるのではないでしょうか。