指が痛くなってきたのでマウスを替えてみた

こんにちは不識庵です。

不識庵って何。いまさらですが、上杉謙信の庵号です。

さて、今回はマウスについての話です。最近、マウスを替えました。

今まで使ってきたマウスはこれです。
ロジクールのワイヤレスマウスM235です。


当時、M235を選んだ理由は、まず無線にしたかったことです。電源などケーブルがゴッチャになっていて、ストレスがたまっていたため、できる限りケーブルを減らそうと思っていました。

ところが、先代のノートパソコンにはブルートゥース機能が無く、どうしたものかと物色していたところ、ロジクールのUnifyingという無線接続方法を見つけたのです。

→ ロジクール公式HPへ

Unifyingは、専用のレシーバーをUSBポートに差し込むことにより、最大6台までのデバイスをパソコンに接続できるものです。

Unifyingレシーバーはとても小さいもので、使わなければマウスに収納できます。下の写真にはレシーバーが2個写っていますが、付属するのは1個です。電池の側に差し込んで収納できます。

接続にはダウンロードしたソフトを介して行います。とっても簡単で、接続が切れたことは電池切れしかありませんでした。

M235は、小さく軽くて、モバイル使用にもうってつけの良品だと思います。

【ロジクール ワイヤレスマウス M235r】

使い勝手は良いのですが、デメリットもあります。

USBポートを一つ使ってしまうことです。

ハブでポートを増やすこともできますが、ゴッチャ感を無くそうとしているのに、ハブを増設するのは避けたいです。

ですから、USBポートが足りない場合は、レシーバーを引き抜いていました。当然マウスは使えません。

この状態は、ブルートゥース機能が付いている当代のVAIOのノートパソコンSX14でも変わりありません。マウスを買い換えるのはもったいないですから。

しかし、替えたのはなぜか。

それは指が痛くなったからです。

M235は、狭いテーブルの上でも何とか使える小ささでしたので、使い続けていました。しかし、クリックする部分がやや固めで(個人の感想です)、指が痛く感じてきたのです。年齢を重ねるごとに指の力が弱くなってきたのかもしれません。

でも、こういうことは気になると、ずっと気になるもので、これからこの痛い感じをどれだけの回数重ねていかなければならないのかと考えれば、いっそのこと替えた方が良いのではと思いました。

そこで、買ったのがこれです。
ロジクールのERGOM575です。

価格は6,050円で(ロジクールのオンラインストア価格)、M235が1,650円(同)であることから、だいぶ高い投資になります。でも、指の痛さには替えられませんね。

実は、職場ではすでにトラックボールマウスを使っていました。ロジクールのM570です。M575の先輩にあたります。

M570を使っているのは、職場の事務机も狭くてマウスを動かすことが難しいことと、手首が腱鞘炎になってしまったからでした。当然、自腹で買いました。

最初は、トラックボールの操作に戸惑いましたが、慣れれば簡単です。とにかく、カーソルの移動が早くできることに感動します。

しかもマウスは全く動かさないで済みます。机が狭くても平気です。

下の写真のようにM575をM235と比較すれば大きいですが、動かさないし、結局手の大きさ分はスペースを取るので、全く問題になりません。そして、大事なことは手首の負担が軽減されることです。

ですから、自宅用のマウスもトラックボールマウスにしようと思ったのです。

しかも、M575は、従来のUnifying接続の他に、ブルートゥース接続も出来る仕様となっていました。M570はUnifying接続のみでしたので、これはうれしい。

【ロジクール M575GR】

慣れていましたし、ほとんど形の変更も無いようなので、即これに決めました。


カラーは、オフホワイトとグラファイトの2色です。私は、グラファイトを選びました。

M570との大きな違いは、表面に凹凸が付けられてホールドしやすくなっていることです。

また、見比べていないのではっきりとは言えませんが、少し右側に傾いているような気がします。

マウスの上に全く手を置くのでは無くて、小指は机に置いて、軽く手をマウスに添える感じになります。

このため、マウスには手前右側に力がかかりやすくなります。この時、マウスが傾いてガタつくのです。気になってしまい、なぜだろうと裏側を確認してみました。

裏面には、要所にゴムパットが貼られており、すべり止めとなっています。傾く原因は、このゴムパットの位置だと思いました。

上の写真で左側のゴムパットと下端のゴムパット(白い紙で隠れてしまっていますので下の写真も参照してください)の位置が離れすぎていて、一番力がかかりすい場所にゴムパットが無いためだとわかりました。

そこで、パットを追加すれば、ガタつきが無くなるのではと思い、下のように応急措置を施してみました。

適当なものが無いので、絆創膏を切り取って貼り付けました。みっともないですが、意外にちょうど良くて、見事にガタつきが無くなりました。

使い勝手の良いマウスですが、このガタつきだけは気になるので、一ユーザーの意見として検討していただければと思います。

BERING/ベーリング

腕時計を替えました
ダニエルウエリントンからベーリングへ

2年前から、ダニエルウエリントンの腕時計をつけていましたが、この度BERING/ベーリングへ買い換えました。

買い換えのきっかけはリューズ紛失

というのも、それまで正確に動いていたダニエルウエリントンですが、少し進んでいたので、針を動かそうと思ったんですね。そうしたら、リューズが無くなっている。巻き芯の先端だけが出ていることにその時気づいたのです。

リューズはそれまで気にせずにいたので、全然気がつきませんでした。私は、結構腕時計をぶつけてしまうので、何かの拍子に飛んでしまったのかもしれません。その際に針が進んでしまったのかも。

リューズが無いままに数日は着用していたのですが、巻き芯の穴から湿気やほこりが中に入ると駄目になってしまうらしいので、修理を考えました。

ところが、オーバーホールなども合わせて修理代金が五千円台になりそうということが分かりました。ダニエルウエリントンは二万円台の価格なので、四分の一の額を修理に払うのはどうかなと思い、新しい腕時計に買い換えることにしたのです。

スポンサーリンク

BERING/ベーリングを見つけた

ダニエルウエリントンと同価格帯で、シンプルなものを探しているうちに、BERING/ベーリングにたどりつきました。BERING/ベーリングは、その名の由来がベーリング海であるように、北欧のメーカーです。ちなみにダニエルウエリントンも北欧のメーカーです。

最初は、スカーゲンもいいなと思いました。これも北欧のメーカーです。

【HAGEN マザーオブパール ブラックスチールメッシュウォッチ SKW6472】

格好良いです。天然のマザーオブパールの使用により文字盤がきらめくんですね。でも、値段が3万円を超えるのと、40㎜サイズなので、候補から外しました。

そしてBERING/ベーリングです。

【BERING Ladies Changes Polar Night 36mm 14236-122 日本限定】
税込み26,400円

商品名にレディースとありますが、一方商品説明には「ユニセックスな36㎜のボーイズサイズ」とあり、メンズサイズとレディースサイズの中間という位置づけみたいですね。40㎜ですと、私には大きく思えますので、ダニエルウエリントンと同じ36㎜サイズとしました。大体、北欧の人と日本人では体格が違いますからね。

さて、公式オンラインショップのNORDIC FEELING(ノルディックフィーリング)で注文しました。

届きました。意外に早く着きました。

箱を開けると、説明書があり、時計が入った白い箱の上にエアキャップが被さっているような状態でした。もう少し丁寧に詰めないのかなと、不安になります。一応精密機械を輸送するわけですから。

不安になりつつ、白い箱を開けてみます。

おお、綺麗!!

まだ、ガラス面に保護フィルムが貼ってある状態です。

中には、替えストラップが入っています。装着済みのストラップはステンレススチールで、替えはラバーです。お好みに合わせて簡単に付け替えられます。

スポンサーリンク

さて腕にはめてみると、こんな感じです。

商品説明を引用すると、

オーロラが輝く幻想的な「極夜」をイメージ
北極圏では冬の時期に、太陽が昇らず日中も薄明りですぐに暗くなる「極夜」という現象が起きます。夏に起こる「白夜」と逆のこの現象は、薄明りで青白い景色が広がり、オーロラが最も美しく見える時期とも言われています。
コンセプトモデル「Polar Night/ポ-ラ-ナイト」
幻想的な「極夜」をイメージしたコンセプトモデルは、全体をブラックで統一し、インナーサークルに輝く幻想的なMOPの仕上げが、美しく輝くオーロラのように漆黒のデザインに唯一のアクセントとして映えます。

引用終わり。

ベースモデルは人気の“Changesシリーズ”で、様々な色違いが発売されています。この中で、極夜をコンセプトとする「Polar Night」とこの「Changes」が合わさったスタイルは日本限定として発売されました。すでに40㎜サイズは完売していますので、36㎜でも良いから欲しいという方はお早めに。

インナーサークルは、右側が日附、左側が曜日となっています。ここに使用されているマザーオブパールが漆黒の文字盤のなかできらめくので、大変綺麗です。老眼には日附も曜日も見づらいですが、綺麗なのでそれで良しとしましょう。キラキラするので、腕を動かして楽しんでいます。

ダニエルウエリントンと比べると少し厚みがあります。文字盤も奥行きがある感じです。

ダニエルウエリントンとの比較。同じ36㎜サイズです。そのうちダニエルウエリントンもリューズを直して復活させたいと思っています。


北欧の腕時計は、いずれもシンプルかつ機能的なデザインで、非常に好感が持てます。しかもブランドも多いので、気に入るものがきっと見つかると思います。しかもお手頃な価格で。

スポンサーリンク

みかんの皮むきグッズ ムッキーちゃん

こんにちは不識庵です。

今日は、便利なグッズをご紹介したいと思います。

この時期、柑橘類では皮の厚い伊予柑やデコポンなどが旬を迎えます。

みずみずしくておいいしいのですが、皮をむくのが面倒くさい。だから、家族の誰かが皮をむくまで待って、皮をむいた途端にみんなが群がります。

風邪を引きやすい時期ですから、手軽にビタミン補給ができる柑橘類は積極的に食べた方が良いと思います。そこで「ムッキーちゃん」の登場です。要は柑橘類の皮をむくための道具です。


プラスチック製の小さなものです。値段もお手頃で、安心の日本製です。

白い部分と黄色い部分とに分かれます。それぞれ使い方が違います。

スポンサーリンク


まず白い部分で、皮に切れ込みを入れます。下の写真はすでに使用した後で、柑橘類の汁が付いています。

先端には尖った部分があり、これを柑橘類のお尻に刺して、下にスライドさせて切れ込みを入れていきます。この時、添えた手でしっかりと柑橘類を押さえてくださいね。勢い余って手を切らないように。

皮の厚いものでも簡単にむけてしまいます。ちなみにむいたのは80代後半の母です。

次に房の袋に切れ目を入れます。使うのは黄色の部分です。こちらには刃が付いています。取り扱い注意です。

刃の付いている方を手前にしてテーブルの上に置きます。

房をこのように置きます。

軽く手前にスライドさせます。力を入れる必要はなく、軽くスーと、確実に刃に当てて切れ込みを入れます。

はい、きれいに切れ込みが入りました。手で袋を破くと、汁が飛び散ってしまい、せっかくのジューシーさを味わえないですが、これなら問題はありません。

あとは食べるだけです。

「ムッキーちゃん」のおかげで、皮の厚い柑橘類を食べることに何のためらいもなくなりました(笑)。

これで免疫力アップにつながれば最高です。

スポンサーリンク