図録紹介:鉢形城歴史館

『関東三国志 越相同盟と北条氏邦』

A4版 フルカラー 69頁 平成26年10月11日発行

【目次】Ⅰ 河越夜戦以後の武蔵国の状況/Ⅱ 甲相駿三国同盟/Ⅲ 越相同盟と北条氏邦/Ⅳ 越相同盟の破綻/コラム1 北条氏邦と越相同盟(黒田基樹)・コラム2 越相同盟と鉢形城ー氏邦と三山綱定と鉢形衆ー(浅倉直美)/越相同盟関係年表

本書は、平成26年度に開催された特別展の図録です。鉢形城は、相模北条氏の一族である北条氏邦が拠点とした城です。氏邦は、北条家三代氏康の子で、四代氏政や氏照らの弟にあたります。彼は、武蔵の地域領主である藤田家に養子として入り、上野国との国境に接する武蔵西部を固めていました。

彼が外交で脚光を浴びたのが、北条氏と上杉氏との同盟交渉においてでした。のちに「越相同盟」と呼ばれるこの同盟は、今まで敵対してきた両氏が一転して同盟したのですから、当時の東国情勢を一変させることとなります。同盟交渉のきっかけとなったのは、甲斐武田氏による駿河今川氏への攻撃でした。永禄11年より数度行われた駿河国侵攻により、戦国大名としての今川氏は滅亡します。
スポンサーリンク

それまで、武田・今川・北条はいわゆる三国同盟を結んでいて、お互いに姻戚関係にありました。なぜ武田信玄は同盟を破るにいたったのか。武田側の言い分は、今川氏真が上杉謙信と同盟の交渉をして、武田氏を挟撃する動きをみせたからであると主張しています。

甲斐武田氏内部でも路線転換には大いにもめており、信玄の嫡子義信が廃嫡され、自害させられています。義信の妻は今川義元の娘であり、彼は今川家に近い立場にあったと思われます。永禄3年義元が敗死して後、信玄は織田氏や徳川氏などと連携を深め、家中での路線対立を解消して、駿河へ攻め込んだわけです。このような信玄の動きを今川側でも察知して、武田氏の背後にいる上杉氏と連携しようとしたのでしょう。

今川氏真に娘を嫁がせていた北条氏康は、駿河動乱の際に娘が徒歩で脱出するという恥辱的な状況で掛川城へ逃れたことを聞いて激怒し、武田氏との対決を決意します。そこで、氏邦を交渉役に立たせて上杉氏との同盟を実現しようとしたのです。

本書では、ここまでの経緯を「Ⅰ 河越夜戦以後の武蔵国の状況/Ⅱ 甲相駿三国同盟」でまとめています。Ⅰ章はⅡ章の前段階なので、越相同盟交渉とはちょっと時代が離れていて余計な感じがします。

「Ⅲ 越相同盟と北条氏邦」で、いよいよ氏邦がどのように交渉に臨んでいたのかが叙述されているのですが、そんなに分量は多くないです。しかしながら、関係する文書が大きな写真で掲載されていて、見応えがあります。氏邦については、巻末の二つの論考がありますので、そちらに譲ったのでしょう。

氏邦の他に、彼の兄氏照も交渉にあたっています。さらに、上野の地域領主たちや、上杉氏側の窓口となった人物なども関わって、彼らがどのように交渉を取り次いでいたかなどが興味深く、以前より戦国大名の外交の実態を知ることの出来る好事例として研究に取り上げられてきました。本書にも「北条氏の取次一覧」が掲載されて交渉相手ごとの取次役があげられています。

外交ルートは今も、さまざまなレベルで行われています。また誰を交渉相手とするかにより事の成否に関わってきます。ですから、取次役の人物がその大名家中のなかでどのような立ち位置にいるのかも見えてきますから、外交を通じて大名家中の構造も追求できるわけです。

本書は、戦国真っ只中の東国を揺るがした大事件「越相同盟」を正面から取り扱った文献として、また越相同盟を知る手がかりとして有用な本だと思います。
スポンサーリンク

買って良かった? ★★★★☆

図録紹介:敦賀市立博物館

特別展『大谷吉継と西軍の関ヶ原』

盟友石田三成のために関ヶ原合戦に臨んだ義の人

A4版 フルカラー 平成28年7月23日発行

【目次】第1章 大谷吉継の決断(コラム大谷吉継と徳川家康、コラム佐和山会談の真相/深層)/第2章 大谷吉継の戦略(コラム大谷吉継情報戦を制す?)/第3章 大谷吉継の覚悟(コラム「関ヶ原合戦」の4ヶ月間)/第4章 大坂の陣へ(コラム大谷吉隆、コラム大谷吉継の家族とその行方)
スポンサーリンク

特別展「大谷吉継と西軍の関ヶ原」は、それまでに同館で開催された「盟友~石田三成と大谷吉継」(平成18年度)、「近世敦賀の幕開け~吉継の治めた湊町」(平成22年度)、「大谷吉継~人とことば」(平成27年度)に続く展示です。

よくまとめられた内容で、吉継が関ヶ原合戦に至る経緯がわかります。資料の中心は後世にまとめられた軍記物ですが、勝者側の資料である事を踏まえて内容を解釈し、どなたでもわかるように解説が工夫されています。本書は関ヶ原合戦をめぐって後世に伝えられた吉継の人となりが、どのように資料で確認されるのかについて追っており、現時点では最先端の解釈となるでしょう。ファンならば、吉継の実像に迫るコラム群は必読ですよ。

買って良かった? ★★★☆☆

敦賀市立博物館

図録紹介:富山市郷土博物館

『特別展 謙信 越中出馬』

「謙信を英雄視しない」展覧会の図録です。

A4版59頁 フルカラー 平成29年9月16日発行 1,000円

【目次】総論 越中からみた上杉謙信/本展のキーパーソンー謙信とその好敵手たちのプロフィール/第一部 謙信VS信玄/第二部 謙信VS一向一揆/第三部 謙信VS信長/おわりに「謙信 越中出馬」その後

→ 富山市郷土博物館


大義名分を重んじ、私利私欲の戦いはしなかった「義」の武将謙信は英雄ではなく侵略者であったという視点に立った展示です。総論では、十度にわたる上杉氏の越中攻略(侵略?)について、要領よくまとめられており、概説としては有意義なものとなっています。その主張は、当初謙信の越中出馬は同盟者を助けるという大義名分のもとに行われたが、その後は謙信願文に見られるように「分国」化という領土欲むき出しで戦争を進めていったというものです。
スポンサーリンク

戦国大名の国外戦争をどのように捉えるのかという問題は、戦国大名の本質に関わる重大な問題であり、難問です。天文期にいたり国外戦争が活発化していく時、戦争のきっかけの多くは合力要請にもとづくものであり、大名は同盟者の安全を保障する代わりに、徐々に主従関係を築いていくことになります。謙信の関東出兵も「味方中」からの合力要請でした。「分国」とは、戦国大名の本国及び影響下にある他国を合わせた範囲を示すものと考えれば、その分国の平安を神に祈るのは筋が通りますし、また脅かすものがあれば排除するために武力を動員するのは当然であると思います。ですから、戦国大名にとって合力要請を無視することは、自己の存在意義にも関わることとなり、ひいては分国の崩壊につながる危険をはらんでいたと思われます。

まあ、立場により見方は変わるのが歴史の常ですから、越中の反謙信方にとっては上杉氏が「凶徒」であるのは間違いないでしょう。

それから、本書の参考文献にもれがあるので追加しておきます。栗原修「上杉氏の隣国経略と河田長親」(同著『戦国期上杉・武田氏の上野支配』岩田書院、2010年収録)は、関東支配や越中支配で重要な役回りを担った河田長親を通して、上杉氏の分国支配について検討したものです。

買って良かった? ★★★★☆