展示情報:致道博物館

企画展「戦国の庄内大宝寺・上杉・最上 争乱の果て

会期:2019年8月13日(火)〜9月23日(月・祝)

山形県の庄内地方は、戦国時代に周辺の大名上杉氏や最上氏が進出し、大宝寺氏をはじめとする地域領主がその対応に苦慮します。本展は、古文書を中心に戦国時代の庄内を解明します。

※前期(8月13日~9月2日)と後期(9月3日~9月23日)で展示替えを行います。

致道博物館

展示情報:九州国立博物館

特別展「室町将軍 戦乱と美の足利十五代」

会 期:2019年7月13日(土)〜9月1日(日)

休館日:
月曜日、ただし7月15日(月・祝)、8月12日(月・休)は開館。7月16日(火)は休館

開館時間:
日・火〜木 9時30分〜17時00分(入館は16時30分まで)
金・土【夜間開館】9時30分〜20時00分(入館は19時30分まで)

本展では、歴代将軍の肖像やゆかりの文化財から、室町幕府の栄枯盛衰と個性あふれる将軍たちの魅力に迫り、彼らが愛し、価値づけた名品を通して、室町時代の多彩な芸術文化をご紹介します。また、尊氏が創建し、将軍家菩提所となった京都・等持院に伝わる歴代足利将軍の彫像13軀が、寺外で一挙に公開される初めての機会です。(同館HPより)

教科書でおなじみの絵画や史料がたくさん出ます。図録もあり(2,650円税込み)。

〈展示構成〉
第一章 南北朝の動乱と足利尊氏
第二章 室町の栄華─義満・義持と唐物荘厳
第三章 将軍権力のゆらぎと成熟する文化―義教・義政の時代
第四章 戦国の将軍たち―流浪する将軍と室町幕府の終焉

→ 九州国立博物館

展示情報:横浜市歴史博物館

企画展「道灌以後”の戦国争乱 横浜・上原家文書にみる中世」

会期:令和元年6月15日 (土) ~7月31日 (水)

開館時間:9時~17時(券売は16時30分まで)

休館日:月曜日(7月15日(月)は開館)、7月16日(火)

太田道灌の子孫たちは、その後の争乱の戦国時代をどのように生きたのか。道灌の子孫たちの動向から、関東の戦国動乱を読み解きます。

展示構成
プロローグ:太田道灌と横浜
Ⅰ 江戸城攻略 江戸太田氏・岩付太田氏の成立
Ⅱ 河越合戦 岩付太田氏の内訌
Ⅲ 江戸城と葛西城
Ⅳ 上杉景虎の「越山」
Ⅴ 戦国末期 太田資正の活躍
エピローグ:太田氏のその後

→ 横浜市歴史博物館