読後感想:竹井英文『戦国武士の履歴書』

戎光祥選書ソレイユ
竹井英文『戦国武士の履歴書「戦功覚書」の世界』

こんにちは不識庵です。
憂鬱な花粉の時期になりました。新型コロナウイルスも心配な中、マスクも無いし、どうしたものか。
なるべく外出を控えて読書しましょう。ということで、昨年末に出た本書を読んでみました。

本書のネタとなった史料は、「里見吉政戦功覚書」(館山市立博物館所蔵)です。

寛永5年(1628)に記されたもので、里見吉政という武士が77才になって、それまでの生涯で参加した合戦について箇条書きにしたものです。一般的に知られていないと思いますが、巻末には全文の翻刻がありますので、それだけでも本書を手に入れる価値はあります。

スポンサーリンク


目次です。

本書の主人公である里見吉政は、上野国里見郷出身で、北条氏照、北条氏邦、滝川一益、安中氏と主を替え、秀吉の九州攻めや小田原合戦に参加、その後は徳川家の井伊直政に仕えて、彦根藩井伊家の重臣となったように、主替えを繰り返した「渡り武士」でした。

スポンサーリンク



主替えをしない忠臣のことを「二君にまみえず」という表現をしますが、主替えを繰り返した里見吉政は不忠者なのでしょうか。

「二君にまみえず」という考え方は、江戸時代から広まったことです。江戸時代、幕府は下剋上の動乱をいかに鎮めるかにあたって、儒教である朱子学を武士の基礎学問として奨励し、主従関係の絶対化を思想的に浸透させていきます。ここから、二君に仕えないという考え方が出てきました。

そもそも武士の主従関係というのは、御恩と奉公の双務的関係が原則です。どちらが先ではなく、主従お互いに義務があるということです。一方が怠れば、関係を解消するのは当然であるというのが中世の武士の考え方でした。ですから、近世以降の考え方でみると節操が無いと思われがちな吉政のような「渡り武士」は当たり前にいたのです。歴史は、事実の明確化とともに、その当時の思想行動に立って評価しなければならず、簡単に善悪で片付くものではないのです。

しかし、このような中世的思想は、江戸時代においては危険であり、御恩と奉公は片務的関係に変質し、主君は絶対化され、「君君たらずとも臣臣たらざるべからず」という家臣の滅私奉公が奨励されるようになっていったのです。

何だか経済成長期頃の、40年間もずっと同じ会社のために尽くす終身雇用制度も似たような感じですよね。転職を繰り返す人に対しては、マイナスイメージがあった社会でした。でも、社会が安定して、会社も潰れないという前提条件が必要ですよね。今は、そんな前提条件も危うく、必然的に終身雇用も崩れ、非正規労働者が大量に生まれている現代日本では、中世的思想に回帰する必要があるのかもしれません。その点で、実力のある「渡り武士」に対しては共感できる部分も多くなっているのではと感じます。本書の刊行は、時代の流れかもしれませんね。

スポンサーリンク


さて、戦功覚書には、他の史料では知られていない事柄も書かれていたりもしますが、何せ当人の記憶によって記されているために、そのまま鵜呑みにするのもどうかなという場合もあります。その点は注意をしなければなりません。本書も、注意深く記述しています。

戦功覚書は、各地に残されており、ほぼ江戸時代初期に作成されたものです。戦国の動乱が終息しつつあるなかで、領主の再編成が起こると(つまり興亡)、武士の移動も激しくなります。再仕官のために戦功を書き上げる必要が出たり、また仕官先の主君の求めに応じて作成するなど、様々な理由で残されました。

戦功覚書のような戦国から近世への移行期の史料は、何かと見過ごされがちでした。その原因の一つは、史料集の編纂は主に中世と近世に分けるため、移行期の史料はすっぽりと抜け落ちてしまうことがあるからです。しかも戦功覚書のような史料は、参考程度に考えられてきたために、史料集への採録は控えられる場合が多かったと思われます。

私が目にした中で「里見吉政戦功覚書」はかなり長文な覚書だと思います。合戦の様子も比較的詳しく書かれています。被った旗指物のデザイン、死骸の引っ張り合い、「しほり」(バリケードのようなものか?)という陣地の防御設備など、興味深い事柄にあふれています。その詳細は、ぜひ本書で確かめていただき、戦国武士の生き様を味わってもらいたいと思います。

読後感想:矢田俊文『上杉謙信』

ミネルヴァ日本評伝選
矢田俊文『上杉謙信』(ミネルヴァ書房、2005年)

大分、前に読み終わっていましたが、なかなか更新をすることができませんでした。読み終えた感想は、これで終わり?といった感じで、もう少し、謙信の内面にまで踏み込んで欲しかったと思います。確実な史料から謙信像を構築するという著者の態度には、もちろん賛成ですが、そこから人物評価をしていくことも必要なのではないでしょうか。そのことは、文学とのギリギリのラインにまで踏み込んでいくことになりますが、あくまで史料から導き出す評価であり、まったくの創作にはなりません。歴史家としての見解を出すことが求められるのではないでしょうか。

↓ 以下の文章は読み始めた時の感想です。
井上鋭夫著『上杉謙信』以来の本格的な伝記として注目していました。手に取ってみると、本の厚さが薄いなと感じましたが、いや質と量は関係ないと思い、購入しました。ようやく謙信が登場した頃にさしかかりましたが、それまでの感想としては、著者のすでに発表されてきたものをつなぎあわせたような文章となっており、よく知っている方には新鮮味はありません。
さて、矢田氏といえば「戦国領主」概念を提唱された研究者として有名です。「戦国領主」とは、独自の城と軍隊を持ち、支配する家臣・領地に向けて独自の判物(自分の花押を記した文書、知行の宛行・安堵など)を発給した領主ということみたいです。ですから「戦国大名」と呼ばれている上杉氏・武田氏は、これら「戦国領主」の連合の上に乗っかっている権力とされています。その権力の源泉は、守護権にあり、それは幕府に認定されたものとして、矢田氏は「戦国期守護」と呼んでおり、戦国期の幕府体制を高く評価しているわけです。たしかに、「戦国大名」たちは、受領(三河守や信濃守など)・官途(左京大夫や弾正少弼など)を得るために、任官運動を幕府に働きかけ、実現させています。従来は、これは他大名との抗争に少しでも有利にするため、または支配地域での「公儀」性を獲得するために過ぎず、室町時代の幕府ー守護体制に自らを位置づけるものではなかったとしてきました。ところが矢田氏の見解は、幕府ー守護体制は戦国期に生き続けているという立場を取っているので、必然的に「戦国大名」は存在しないことになります。よって「戦国大名」概念は必要のないものとしているわけです。
キーワードは「守護権」です。

“読後感想:矢田俊文『上杉謙信』” の続きを読む