1/35 日本海軍陸戦隊 ヴィッカース・クロスレイM25

1/35 日本海軍陸戦隊 ヴィッカース・クロスレイM25

イギリス製の四輪装甲車です。日本は、直接イギリスから購入して、上海特別陸戦隊に配備しました。

上海にあった日本租界には、昭和10年当時2万8千人を数える日本人がいたそうです。日本海軍特別陸戦隊は、上海の日本人とその財産・利権を守るために防衛任務に就きました。

クロスレイM25は、昭和3年頃から順次上海に陸揚げされて合計9輌が「毘式装甲車」として編成されたそうです。

詳しくは、『上海海軍特別陸戦隊写真集』をご覧ください。


下図は、塗装図ですが、2種類あります。実際は土草色に塗られていたようです。

組み上がった状態です。

7.7㎜機銃の銃口を開けてみました。ボールマウントでどの方向にも向けることが出来ます。接着しないと組み立て説明書にはありましたが、あらぬ方向に向いてしまって間抜けに見えるために固定しました。

砲塔の頂上には照光器が取り付けられますが、戦闘中は内部に納めているようなので付けていません。


ライトの下に更に補助ライト(?)が装備できますが(下絵参照)、実車写真では外されていて、取り付け支柱のみとなっていることが多いために、そのようにしてみました。それとナンバープレート(?)には海軍章を付けていますが、これは第二次上海事変で見られる状態です。第一次では付いていません。海軍章もパーツにあったので付けてみました。なお、ライトにはクリアーパーツでガラス面が付きます。

一応内部もあります。簡単な作りです。

一方、エンジンはやたらに細かいです。

【ピットロード 1/35 グランドアーマーシリーズ 日本海軍 陸戦隊 クロスレイ M25 装甲車 プラモデル G53】

現在の製品は、海軍陸戦隊仕様か陸軍仕様のいずれかを選択して作ることが出来ます。