1/35 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 その2

16式機動戦闘車 1/35 タミヤ その2

久しぶりに再開しました。

その1はこちらへ

車体はほぼ組み上がっていて、砲塔を残すばかりとなっていました。なかなかやる気が出なかったのですが、家に持ち帰った仕事から逃れるべく手を出してしまいました。いわゆる現実逃避ということです。

しかし、さすがタミヤだと思いました。ゲート処理をすればほぼ無修正でサクサクと組み上がります。リハビリにはストレスが無くて良いですね。

ゲート処理もゴッドハンドのアルティメットニッパーを使えば、跡は紙ヤスリでちょっとこすってやればOKです。

車体後部には、手摺りや工具類が付きます。手摺りは若干下向きになります。

砲塔ハッチの中に見える部品は、フィギュアの足場ですね。ハッチを閉める方は付けなくてもいいでしょう。

発煙弾ですね。ちょっと処理が粗かったみたいです。アップは怖いですね。


車輪は前4つが連動します。ゴム製のタイヤも良い感じです。少し汚せばそのままでいいんじゃないでしょうか。

組み上がりました。砲身の先端が金色に光っています。パッションモデルズのマズルブレーキに付け替えてみました。

というのも、マズルブレーキにはらせん状の穴が開いているのですが、模型では表現されていません。タミヤはガイドを貼り付けて、すべての穴を開けるように指示しています。はっきり言って無理です。至難の業です。そこですぐに発売されたパッションモデルズのマズルブレーキを手に入れました。

見事な出来映えです。ライフリングもばっちりです。

長さも良いです。なおキットは先端を取り付けていません。さて付けるためには、当然置き換える部分を切り離す必要があります。そこで、ノコギリの登場です。

タミヤの精密ノコギリです。これで切れるのかなぁ。

【タミヤ クラフトツールシリーズ No.105 精密ノコギリIII (カット用) 74105】

切れました。次は切り口を平らにしてから、穴開けです。これはルータを用いてさっさと開けました。

現物合わせをしながら慎重に穴を広げていきます。真ん中に開けるのが結構難しく、時間がかかりました。

このマズルブレーキを付けるときは注意が必要です。何と向きがあるのです。上の写真に写る16式の写真は添付のカラーガイドに載っていたものです。ちょうどマズルブレーキの拡大写真があり、よく見るとマズルブレーキの根元に穴のようなものがあることが分かります。これが車輌に向かって左側だけにあります。パッションモデルズのマズルブレーキにもちゃんと再現されています。パッションモデルズには説明などありませんでした。危なかった。向きに気をつけて瞬間接着剤で付けます。

結構疲れました。付け替えれば見栄えは良くなりますが。真っ直ぐ、かつ真芯に付けるのは難しいです。

【パッションモデル 1/35 16式機動戦闘車用 105mm砲マズルブレーキ (MM35361用) プラモデル用パーツ P35-141】

実はこのパッションモデルズのマズルブレーキが出た直後にタミヤから砲身が別売りされ、もう少し待っていればと悔しい思いをしました。時間と出来映えを考えればタミヤの砲身がおすすめですね。ただしライフリングは切られていませんし、左側の穴も開いていないことにご注意を。

【タミヤ 1/35 ディティールアップパーツシリーズ No.86 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 メタル砲身 プラモデル用パーツ 12686】

さあ、後は塗るだけです。

【タミヤ 1/35 ミリタリーミニチュアシリーズ No.361 陸上自衛隊 16式機動戦闘車 プラモデル 35361】