指が痛くなってきたのでマウスを替えてみた

こんにちは不識庵です。

不識庵って何。いまさらですが、上杉謙信の庵号です。

さて、今回はマウスについての話です。最近、マウスを替えました。

今まで使ってきたマウスはこれです。
ロジクールのワイヤレスマウスM235です。


当時、M235を選んだ理由は、まず無線にしたかったことです。電源などケーブルがゴッチャになっていて、ストレスがたまっていたため、できる限りケーブルを減らそうと思っていました。

ところが、先代のノートパソコンにはブルートゥース機能が無く、どうしたものかと物色していたところ、ロジクールのUnifyingという無線接続方法を見つけたのです。

→ ロジクール公式HPへ

Unifyingは、専用のレシーバーをUSBポートに差し込むことにより、最大6台までのデバイスをパソコンに接続できるものです。

Unifyingレシーバーはとても小さいもので、使わなければマウスに収納できます。下の写真にはレシーバーが2個写っていますが、付属するのは1個です。電池の側に差し込んで収納できます。

接続にはダウンロードしたソフトを介して行います。とっても簡単で、接続が切れたことは電池切れしかありませんでした。

M235は、小さく軽くて、モバイル使用にもうってつけの良品だと思います。

【ロジクール ワイヤレスマウス M235r】

使い勝手は良いのですが、デメリットもあります。

USBポートを一つ使ってしまうことです。

ハブでポートを増やすこともできますが、ゴッチャ感を無くそうとしているのに、ハブを増設するのは避けたいです。

ですから、USBポートが足りない場合は、レシーバーを引き抜いていました。当然マウスは使えません。

この状態は、ブルートゥース機能が付いている当代のVAIOのノートパソコンSX14でも変わりありません。マウスを買い換えるのはもったいないですから。

しかし、替えたのはなぜか。

それは指が痛くなったからです。

M235は、狭いテーブルの上でも何とか使える小ささでしたので、使い続けていました。しかし、クリックする部分がやや固めで(個人の感想です)、指が痛く感じてきたのです。年齢を重ねるごとに指の力が弱くなってきたのかもしれません。

でも、こういうことは気になると、ずっと気になるもので、これからこの痛い感じをどれだけの回数重ねていかなければならないのかと考えれば、いっそのこと替えた方が良いのではと思いました。

そこで、買ったのがこれです。
ロジクールのERGOM575です。

価格は6,050円で(ロジクールのオンラインストア価格)、M235が1,650円(同)であることから、だいぶ高い投資になります。でも、指の痛さには替えられませんね。

実は、職場ではすでにトラックボールマウスを使っていました。ロジクールのM570です。M575の先輩にあたります。

M570を使っているのは、職場の事務机も狭くてマウスを動かすことが難しいことと、手首が腱鞘炎になってしまったからでした。当然、自腹で買いました。

最初は、トラックボールの操作に戸惑いましたが、慣れれば簡単です。とにかく、カーソルの移動が早くできることに感動します。

しかもマウスは全く動かさないで済みます。机が狭くても平気です。

下の写真のようにM575をM235と比較すれば大きいですが、動かさないし、結局手の大きさ分はスペースを取るので、全く問題になりません。そして、大事なことは手首の負担が軽減されることです。

ですから、自宅用のマウスもトラックボールマウスにしようと思ったのです。

しかも、M575は、従来のUnifying接続の他に、ブルートゥース接続も出来る仕様となっていました。M570はUnifying接続のみでしたので、これはうれしい。

【ロジクール M575GR】

慣れていましたし、ほとんど形の変更も無いようなので、即これに決めました。


カラーは、オフホワイトとグラファイトの2色です。私は、グラファイトを選びました。

M570との大きな違いは、表面に凹凸が付けられてホールドしやすくなっていることです。

また、見比べていないのではっきりとは言えませんが、少し右側に傾いているような気がします。

マウスの上に全く手を置くのでは無くて、小指は机に置いて、軽く手をマウスに添える感じになります。

このため、マウスには手前右側に力がかかりやすくなります。この時、マウスが傾いてガタつくのです。気になってしまい、なぜだろうと裏側を確認してみました。

裏面には、要所にゴムパットが貼られており、すべり止めとなっています。傾く原因は、このゴムパットの位置だと思いました。

上の写真で左側のゴムパットと下端のゴムパット(白い紙で隠れてしまっていますので下の写真も参照してください)の位置が離れすぎていて、一番力がかかりすい場所にゴムパットが無いためだとわかりました。

そこで、パットを追加すれば、ガタつきが無くなるのではと思い、下のように応急措置を施してみました。

適当なものが無いので、絆創膏を切り取って貼り付けました。みっともないですが、意外にちょうど良くて、見事にガタつきが無くなりました。

使い勝手の良いマウスですが、このガタつきだけは気になるので、一ユーザーの意見として検討していただければと思います。

VAIO SX14を買いました

こんにちは、不識庵です。

パソコンを買い換えました。VAIO SX14です。

今まで使っていたノートパソコンは、東芝のダイナブックでした。

ところが、半年前からバッテリーの限界が来て、通電していないと使用できなくなりました。さらに、フリーズしまくりで、操作もままならない状態でした。

買い換えは避けられない状況になってきたので物色を始めました。

当初は、持ち運びはしないなと思い、また視力が落ちているので、15型で良いかなと思っていました。

私はプレゼンテーションなどはiPADを使っているので、パソコンにモバイル性は求めません。

それに15型だと、値段も手頃で、スペックもそれなりに選べるので、多くの選択肢があります。それが逆に選びにくいということとなり、なかなか決められませんでした。
スポンサーリンク


最近になってVAIOで14型というのが出たと聞き、ホームページで見ると、なかなか良いなと思いました。VAIO S13とほぼ同サイズであること、重さも1㎏前後と軽いんです。

ネットの評判を見ると、バッテリーの持ちがやや短いとのデメリットも書かれていましたが、おおむね好印象のようです。

ライバル機として挙げられているのが、レノボのThinkPad X1 Carbonのようです。これも良いですが、SX14の方が私が望む端子が揃っていたので、SX14に決めました。

右側の端子類は、下の写真の右側からVGA端子(アナログRGB出力端子)、LAN端子、HDMI端子(4K出力対応)、USB Type-C™端子、USB端子(USB充電対応)、SDカードスロットとなっています。

次に左側の端子類は、下の写真の右側からヘッドホン端子、USB端子×2、セキュリティロックスロット、電源端子となっています。

今頃VGA端子なんてと思われる方もいるでしょうが、現場ではまだまだHDMI端子を備えていないプロジェクターが多く使われていますので、現状では有用と思われます。豊富な端子類により現場対応力はかなり高いと言えます。

キータッチは軽く、打鍵音は静かですね。パチパチという音はしませんので、図書館などでも気にはならないと思います。これは好みですね。

私が選択したスペックは次の通りです。

CPU  Intel(R) Core(TM) i5-8265U CPU
メモリ 8GB
ディスプレイ 14.0型4K
ストレージ 第三世代 ハイスピードSSD256GB
LTE通信モジュール搭載

ディスプレイ4Kは3840×2160ドットの解像度があります。とにかく綺麗で、文字もはっきりとしていますので、多少小さな字でも見やすいですね。写真も大変綺麗に見えます。視力が落ちてきているので、とにかく見やすいことが良いです。

他は予算との兼ね合いです。ストレージは、クラウドやUSBメモリの使用でそんなにいらないかなと思い256GBにしています。また、CPUもi5とi7ではその違いが体感できない差だと思いますので、i5にしました。

使ってみて感じるのは、指紋認証すれば起動もあっという間で、ストレスが無いですね。ただバッテリーの持ちは短く感じます。外で使う時には電源を探す必要がありそうです。

色はブラウンにしました。落ち着いた感じの色合いです。ブラックよりは指紋などの跡が分かりにくくなり、良かったと思います。

インナーバッグに入れる

躯体は、押してもペコペコすることなく頑丈です。ただ傷が付くのがいやなので、ケースを買いました。エレコムのインナーバッグ(ZSB-IBUB02BK)です。ポリウレタンが内張りされていて安心感があります。しっとりした質感が良いですし、ファスナーの取っ手もしっかりしています。

外側にファスナー付きのポケットがありますが、マチが無いためにパソコンを入れると薄い物しか入りません。あくまでもインナーバッグとして本体の保護に特化したものと言えます。


ぴったりと収まります。

【エレコム インナーバッグ ノートパソコンケース 保護ケース 衝撃吸収 ZEROSHOCK ZSB-IBUB02BK】