図録紹介:敦賀市立博物館

特別展『大谷吉継と西軍の関ヶ原』

盟友石田三成のために関ヶ原合戦に臨んだ義の人

A4版 フルカラー 平成28年7月23日発行

【目次】第1章 大谷吉継の決断(コラム大谷吉継と徳川家康、コラム佐和山会談の真相/深層)/第2章 大谷吉継の戦略(コラム大谷吉継情報戦を制す?)/第3章 大谷吉継の覚悟(コラム「関ヶ原合戦」の4ヶ月間)/第4章 大坂の陣へ(コラム大谷吉隆、コラム大谷吉継の家族とその行方)
スポンサーリンク

特別展「大谷吉継と西軍の関ヶ原」は、それまでに同館で開催された「盟友~石田三成と大谷吉継」(平成18年度)、「近世敦賀の幕開け~吉継の治めた湊町」(平成22年度)、「大谷吉継~人とことば」(平成27年度)に続く展示です。

よくまとめられた内容で、吉継が関ヶ原合戦に至る経緯がわかります。資料の中心は後世にまとめられた軍記物ですが、勝者側の資料である事を踏まえて内容を解釈し、どなたでもわかるように解説が工夫されています。本書は関ヶ原合戦をめぐって後世に伝えられた吉継の人となりが、どのように資料で確認されるのかについて追っており、現時点では最先端の解釈となるでしょう。ファンならば、吉継の実像に迫るコラム群は必読ですよ。

買って良かった? ★★★☆☆

敦賀市立博物館