液晶テレビの音が聞こえにくいから手元スピーカーを使う

こんにちは不識庵です。

家のテレビが液晶になったのは、もういつのことか忘れてしまいました。

ブラウン管テレビよりは省スペースで見栄えもいいのですが、音が聞こえにくいのが非常に気になります。そこで、我が家では手元スピーカーなるものを使っています。

製品は、SONY テレビリモコン コードレススピーカー搭載 RM-PSZ35TVです。


もう生産完了品となり、現在は流通在庫のみのようです。ヨドバシでは、2011年8月に販売開始されたとあります。我が家でも、販売当初に購入したと思います。

ご覧の通り、スピーカーにテレビのリモコン機能が付いているシンプルな作りです。大きさは、約91x68x193mmです。日本語表記で、ボタンも大きく、音量つまみも大作りです。これは、高齢者を意識しているものと思われます。ソニーというとデザイン重視のように思いますが、この製品は日常的に使うものとして使いやすさに重点を置いて作られています。

テレビ側には送信機をつなげます。大きさは約140x29x75mmです。付属のACアダプターを使用しますので、電源が必要です。

送信機から飛ぶ赤外線をリモコンの受光部で受けとります。赤外線の照射範囲は、上下角度30度で、直線距離は約7mです。普通の居間でしたら問題ない範囲でしょう。

ただ1mの距離でも、障害物があると切れやすいです。我が家では、テーブルの上に電気ポットや箸立てなどが置いてあり、さらに食事時に2リットルのペットボトルや食器などが置かれると途端に切れてしまいます。

音は必要十分でしょう。音量つまみを真ん中まで回すと結構大きな音が出ます。なお、こういう瀬品に音質を求めるのはナンセンスでしょう。スピーカーの向きや角度が絶妙で、スピーカーに向かっている人はもちろん聴きやすく、さらに上向きにも音が拡散するので、テレビの音と重なってサラウンドのような効果が出て聴きやすくなります(個人の感想です)。

【ソニー SONY テレビリモコン コードレススピーカー搭載 RM-PSZ35TV】

ACアダプター接続端子の側にイヤホン端子があります。

耳が遠くなった高齢の母はよくイヤホンで聴いています。当然イヤホンを接続すればリモコンからは音が出ませんが、家族はテレビで聴いているので問題はありません。また夜中でも音量を気にせずにテレビを見ることができます。

リモコンの電源は付属のACアダプターを使うか、単三電池3本となります。我が家では充電池を使っています。ACアダプターを使わないのは、受信状態の具合で設置場所をひんぱんに変える必要があるためです。ACアダプターのコードがあるとそれだけでストレスになります。


使っている充電池は、パナソニックのeneloop proです。これを6本用意して2組に分け、電池が切れれば交換し、すぐに充電器で充電します。こうすれば電池切れの時にストレスなく交換出来ます。交換の際には2組が混在しないように、おしりにマジックで印を付けています。

【Amazon.co.jp限定 パナソニック エネループ 単3形充電池 4本パック 大容量モデル eneloop pro BK-3HCD/4SA】

【Amazon.co.jp限定 パナソニック 急速充電器 単3形・単4形 黒 BQ-CC73AM-K】

我が家では、テレビと家族が座る距離は2mも無いのですが、テレビの音が非常に聞きづらいです。テレビにもよるのでしょうが、アマゾンなどを見ると類似商品がかなりありますので、どの家庭でも同じような悩みがあると思います。また画面が大きくなるほどテレビとの距離が離れますし、都会ですと音量も気をつけないといけないので、このような手元スピーカーの需要は無くならないと思います。

ちなみに現在販売中のソニー製品はこれです。

ソニー SONY お手元テレビスピーカー テレビリモコン一体型デザイン 防滴対応 SRS-LSR100】

人の声を聴きやすくする「ボイスズーム」や周囲の騒音に合わせて聴き取りやすい音量に自動で調節する「おまかせ音量」などの新機能が追加されているためか、値段が2倍近く高くなっています。我が家で使っている製品は8年ほどの使用でも故障せずに使えていますので、新機能が要らなければおすすめだと思います。

【ソニー SONY テレビリモコン コードレススピーカー搭載 RM-PSZ35TV】

Google AdSenseの警告:ads.txtファイルが含まれていないサイトがある

こんにちは、不識庵です。

いよいよ梅雨入りしました。天候が不安定になると体調が悪くなるので憂鬱です。

さて、このブログではGoogle AdSenseにより広告収益を得ています。毎日のように、AdSenseのサイトで状況を確認したり、広告のブロックコントロールをしています。

先週ですか、いつものようにAdSenseのサイトを開いたら、次のようなメッセージが現れたのです。

ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります

「要注意:ads.txtファイルが含まれていないサイトがあります。収益に重大な影響が出ないよう、この問題を今すぐ修正してください。」とあります。

何だこれ! さっぱり分からない。けれど「重大な影響」とか「今すぐ」とか、めっちゃ焦りました。でも、数日間家を空ける予定でしたので、対応できたのは昨日でした。

とりあえずメッセージの側にヘルプのリンクがあるので、そこをクリックして詳細を確認しました。
スポンサーリンク

「ads.txtで認定販売者を宣言する」って何? 

ヘルプを開くと、「ads.txtで認定販売者を宣言する」とあります。これって何だろう? 読んでいくと、自分のサイトになりすまして広告収入を得る詐欺を防ぐための方法だそうです。防ぐためには自分のサイトのアカウントIDをads.txtによって設置することが大切だということみたいです。

ads.txtの作成

まず、テキストファイルを作成します。私は、windowsアクセサリのメモ帳を使いました。

(1)メモ帳を開き、上記の「google.com, pub-0000000000000000, DIRECT, f08c47fec0942fa0」をコピペします。

(2)次に、自分のサイトのアカウントIDを「pub-0000000000000000」に上書きします。アカウントIDは、Google AdSenseサイトでアカウント情報を開き、確認します。

このサイト運営者IDというのがアカウントIDなので、これを上書きするのです。

(3)メモ帳を保存する際に、ファイル名をads.txtとして保存すれば、テキストファイルの作成が終了です。

作成した ads.txt を、ドメインのルートレベルでホストする

これ何? 私が一番引っかかった所がこれです。ルートというのは根っこのフォルダ、つまり一番上のフォルダということだそうです。ルートレベルというのは、一番上のフォルダを指しています。ホストというのは、ファイルをアップロードする場所を指していると思います(怪しい)。要は、作成したads.txtファイルをサイトの一番上のフォルダの中へアップロードすれば良いということでしょう。
スポンサーリンク

さて私はwpXサーバーをレンタルしていますので、ここからはwpXサーバーでのやり方になります。

(1)まずWordPressサーバーにアクセスするためのFTPツールを入手します。

FTPツールは、FFFTP、FileZilla、Cyberduckがありますが、私はFFFTPにしました。FFFTPの入手は、wpX管理パネルで、マニュアルを開き、「FTPについて」をクリックして、「FFFTPの設定」を開くと、ダウンロードのリンクがありますので、そこからダウンロードします。

(2)FFFTPの設定

上記の「FFFTPの設定」に詳しく書いてあります。wpX管理パネルの「WordPress設定」の中の「FTPアカウント設定」で設定した値を入れていきます。

ここで重要な点があります。「FTPアカウント設定」において、

FTP接続先フォルダ WordPressインストール先直下
※全てのファイル・フォルダへのアクセスが可能です

となっているか確認してください。もしなっていないのであれば、下の方にメニュー設定変更というボタンがありますので、そこをクリックすると下の画面となり、「全てのファイル・フォルダにアクセスする」にチェックを入れて設定変更ボタンを押します。

私の場合、チェックが入っていなかったので、サーバーに接続しても一番上のフォルダ(設定で言うところのWordPressインストール先直下のフォルダ)にアクセスできませんでした。チェック無しが初期設定だったか忘れましたが、ここを忘れずに確認してください。

(3)FFFTPでwpXサーバーにアクセスします。そしてads.txtをサーバーへアップロードします。
スポンサーリンク

ads.txtが正しくアップロードされたかを確認する

確認方法は、ブラウザを開き、https://example.com/ads.txtと打ち込みます。もちろん「example.com」は自分のサイトのドメインとなります。検索すると、
と出てきます。もちろん「pub-    」はサイトのIDが表示されます。

翌日、Google AdSenseサイトを開いたら、警告は消えていました。めでたし、めでたし。それにしても、もう少し分かりやすくして欲しいと思いました。

ご参考になれば幸いです。