1/48 ソビエト軍 KV-1 1940年型溶接砲塔型

ソビエト軍 KV-1
1940年型溶接砲塔型
1/48 タミヤ


ソ連は嫌いなのですが、KV-1には興味がありました。40年にすでにこのような戦車を作っていたとは恐るべしソビエト。この次はKV-2を作ってみたいと思います。これもシャーマンと同様、素っ気ない車体で、組み立てはあっという間に終わってしまいます。ですのであまりコメントはありません。

塗装はサーフェイサーを吹いた上にマホガニーを下地色として塗り、飛行機用のライトグリーンを基本色として塗っています。これまた缶スプレーです。

ソビエトの車両のグリーンはどんな色か分からず迷っていました。説明書の指定色であるダークグリーンではファイアフライと同色になってしまうし、箱絵のような感じを出したいと思っていたので、店頭で選んだのがライトグリーン(タミヤスプレーAS-23)でした。
スポンサーリンク

塗ってみるとやけに緑が鮮やかで、熱帯にいるヘビのような色になってしまい、内心失敗したと思いますが、その後の工程で何とかなるさと思い直しています。タミヤスプレーで、ソビエト車体色を出してもらえたらいいなぁ。そうしたらもっと作るのに。まあエアブラシを使う人には調色という手があるけれど(ちょっとやっかみか)。


Ⅲ突を仕上げた勢いで、完成させました。懸念していたヘビのような緑色は、結構落ち着いた色味に変えることができました。

まず、全体につや消しクリヤーを吹き、茶色味の強い黒(エナメル)でウォッシング、白やジャーマングレーをあちらこちらに点で落とし、それを溶剤の付いた綿棒でぼかしました。この作業で鮮やかな緑色が大分落ち着きました。黒でチッピング。チッピングは爪楊枝で、突っつくようにほどこしました。面相筆だとスケールオーバー気味になってしまうからです。

キャタピラは、フラットブラウン→ジャーマングレ-(ここまでアクリル)→茶系黒でウォッシング→銀でドライブラシ(ここまでエナメル)で色を付けました。最後に車体下部と足回りにタミヤのウエザリングマスターでパステルを付けて完成としました(平成19年4月15日)

【タミヤ 1/48 ソビエト陸軍 KV-1 重戦車 プラモデル 32535】

※増加装甲型も製品化されています。